顔の毛を処理して濃くなる?やってはいけない3大NG行為

顔のムダ毛を処理する際の3大NGとは?

ムダ毛といっても全身いろいろあり自分自身でその処理をしている人も多いようです。
顔にもムダ毛はありますし、自分で処理している人もたくさんいます。
けれども、顔の皮膚は他よりデリケートなうえに他人の目に付きやすい部分なので間違った処理法をすると却ってトラブルなどに見舞われるかもしれません。
ここでは、顔のムダ毛処理3大NG行為を紹介しましょう。

■毛を抜くべからず

まずひとつ目が、毛を抜くことです。
「カミソリで剃るのは怖い…」「抜いたほうが気持ちがいい」といった理由でムダ毛を抜いている人がいますが、肌への負担は非常に大きいのです。
また毛を抜くと毛穴が広がり、そこへ雑菌が入って炎症を起こすリスクもあります。
炎症が起きるとニキビになったり、炎症が黒ずんでシミのようになったりといろいろなトラブルが生じる可能性があるので、毛を抜くのは絶対にやめましょう。
立川市 安い 痩身エステ

■生理前後や生理中に処理するべからず

ふたつ目は、生理の前後や生理中の処理です。
生理前後や生理の最中はホルモンバランスが崩れがちですし、そのせいで身体が敏感になっています。
したがって、普段は問題がなくても生理前後や生理中にムダ毛処理をすると炎症を起こしてしまう危険性があります。
顔だけでなく全身すべてのムダ毛処理は避けるようにしましょう。
実際脱毛サロンやクリニックでは、生理前後や期間中の施術は控えるようにしているところがほとんどです。

美容PR:ゼロクリスタル

■下から上に剃るべからず

三つ目が、下から上に向かって剃ることです。
これは毛の流れに逆らった、いわゆる「逆剃り」がNGということです。
そもそもカミソリや電気シェーバーでムダ毛を処理すること自体肌への負担があるのに、毛の流れに逆らってムダ毛を剃ればさらに負担を大きくしてしまいます。
肌へのストレスが増えれば増えるほど炎症や肌荒れになる可能性が高まってしまいます。
つまり、カミソリや電気シェーバーを使用する場合には毛の流れに沿って「順剃り」をすることが基本というわけです。
シミ 化粧水 ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です